So-net無料ブログ作成
検索選択

雄にも雌にもなりゃしない! [改良品種]

おそらくグピモリ.jpg


この魚はLyreさんが今年の2月に行きつけのショップで見つけて購入したものですがなぜか数日後には我が家の水槽に・・・。
おそらくグーリーかモッピーといったところではないかと思われますが、今までの経験から予想どおり貫録ばかりついて雄にも雌にもなりませんしこれからもこのままでしょう。

以前私のところで交雑させたグーリーでは加齢とともに黒斑などの色彩変化がありましたがこの個体達に関してはそれもほとんど変化なしでした。

取柄は丈夫でよく餌よ食べること・・・。

Lyreさんどうしましょ。

最近エンドラーズ記事が多いですね。 [いろいろ]

Anomalochromis thomasi 1.jpg


Anomalochromis thomasiです。
この水槽は水草をたくさん入れて、繁殖や撮影の終わった魚たちを入れているいわゆる雑居水槽なのですがこのところ巻貝が殖えてきましたのでA. thomasiを追加。

これから先水温の上昇などで水槽内の環境の変化があるかもしれませんが、現在は巻貝やその他の環境のバランスが取れているようでこの2~3か月苔がはえてきません。

最近A. thomasiがペアを組んで周りの魚を蹴散らすため、タイミングが良ければペアで飼っているような写真が撮れます。

DSC_52852.jpg



ペアを組んだシクリッドも綺麗でいいですが、こちらもないと怒られそうですので。

エンド×スリナム EBC.jpg


この魚はエンドラーズ♀にスリナムワイルドを交配し、またエンド♀×F1というようにバッククロス的に交雑を繰り返している個体です。

スリナムのY上の表現と思われるものの一つにオールドファッションボディような網状?の柄があるのですがこれは見えなくなってしまってエンド由来と思われる緑や背鰭や体側上半身の大きなスポットが追加されています。


エンドラーズ×スリナム  F1.jpg


これは最初にエンドラーズと交配したF1
バックすると世代ごとに行動、色彩ともにエンドラーズ寄りになっていきそうです。

うっ、やはりエンドラーズ寄りになってしまった。