So-net無料ブログ作成

くすんだゴールデンと綺麗なゴールデン [guppy]

bbと丹頂.jpg


丹頂表現の固定には皆さん苦労されていると聞きます。
私のところでも同様で単純な優性劣性では説明がつかない結果となっています。
そうなると丹頂表現は複数の因子によるものだろうと考えられるのですが今のところこれで決まりというお話はうかがっておりません。

そんななか、先日S氏のところで興味深い説をうかがってきました。
ここを見ておられる方々はご存じだと思いますが、グッピーの体色には一般的に分類されている野生色、アルビノ、ゴールデンなどのなかには微妙に色の異なる個体が存在しますね。  
これはそれぞれの体色にたいして少なくとももう一つの因子が関係しているからです。
わかりやすいのがゴールデンで初期のアメリカンレッドテールはこの因子がかかわっていたためくすんでいました。
この因子(ダーク因子)がないと丹頂表現にならないのではないだろうかというお話でした。

早速我が家の水槽で確認しました。
画像は比較用にダークらしい個体と非ダークらしい丹頂ですが、非ダークでも頭が赤いです。

Sさん、ダークは違うかもしれませんね。

多色尾鰭の可能性 [guppy]

多色ダブルソード.jpg


ソード系の魚の色彩はほとんどそのボディに集中しています。  
それは尾鰭の面積が少ないということもその要因かと思います。
狙ってできたわけではありませんが、画像のような多色尾鰭があってもいいのでははいでしょうか?

 

ブルーの丹頂 [guppy]

ブルー丹頂.jpg


これのブラオはどのような表現になるのか?           

そんなのはヘンタイの〇こちゃんならもうとっくにと思ってお伺いしたら途中で挫折されたそうで がっかりでした。 

どなたかやっておられないでしょうか?

やはり自分で採るしかないのでしょうかね。


サンセット図鑑⑤ [guppy]

プラチナモザイク .jpg


今回はプラチナモザイク系、すべてzuzuさん宅で撮らせていただきました。
すべて若い個体でしたがこの時点でこの色彩ですから完成が楽しみです。


Rrプラチナモザイク.jpg


同系Rr、実際はもっと青い個体ですが撮影したどの画像も失敗でした[ふらふら]
自宅で撮る場合はモニターで確認後撮り直しができますが出張撮影ではできません。
難しいですね。


プラチナモザイク.jpg


比較用に同系非サンセットです。 
背鰭、腹鰭、尻鰭、違いは明らかですね。


プラチナモザイク♀.jpg


モザイク♀個体、画像の個体は若いせいもありますがサンセットは全体的にスマートな♀が多い印象を持ちました。


※ 2016年1月追加

300_0551.jpg


以前makeさんからいただいたサンセットのイエロータキシードです。
その節はありがとうございました。

すでに胸鰭が非常に伸長している個体でしたがさらに伸長傾向が見られましたので1年ほどそのまま飼育し現在の姿です。2016.1.3

続きを読む


nice!(2)  トラックバック(0) 

サンセット図鑑④ [guppy]

サンセットモザタキ.jpg


今回はhiwaさんのタキシードです。  
この個体の上半身こ光沢は何から来ているのかお聞きしていませんでしたが、ベースとなるタキシードの背鰭、尾鰭の色彩と上半身の色彩が胸鰭、腹鰭、尻鰭に同調しながらもグラデーションしているのが見て取れます。


タキシード.jpg


同梱していただいたこの個体ですが胸鰭には他の鰭のような色彩はありません。
これは比較用ノーマルでよいのでしょうか?


タキ♀①.jpg

タキ♀②.jpg


最近モザイクの♀はなんとなくわかるようになってきましたがタキシードの♀の判定となると私には難しいですね。

続きを読む


サンセット図鑑③ [guppy]

サンセット、実はもう少しあります。 先日zuzuさん、hiwaさんにご協力いただいて撮らせていただいたサンセットを撮ってモニターで見て気がついたのですが大事な尾鰭に裂け目ができていました。 

DSC_2981.jpg


おそらく水草等に引っかけてしまったのでしょう。  治るまで待って撮り直しました。

ブルーモザイク.jpg


ブルーモザイクのサンセット。 全身ライトブルーのラメが入ったような感じで光の加減で見え方が変わります。


モザイク ♀.jpg


同系の雌。 この♀の場合は背鰭の形状、尻鰭の色彩、尾部が絞り込まれているところなどがサンセット表現かと思われますがいかがでしょうか?

ブルーモザイクPr.jpg


この光源の角度ではブルーの反射が少なくなってしまい渋く見えます。




いつもの


ターコイズ [guppy]

このところ人の褌(ふんどし)状態ですが今回も人の・・・・でターコイズ。

先日zuzuさんにいただいてきた直系ターコイズです。zuzuさんのところではブルーモザタキが紹介されていますのでそれ以外のタイプにします。 

ターコイズモザイク.jpg


ターコイズモザイク。 写真でどこまで再現できるかが難しいところですが、ラズリーのような真っ青な表現とと並べて撮れば違いははっきりすると思います。 この表現は体躯はもちろん吻部から各鰭にまで色彩に影響しているようです。


Rrターコイズモザイク.jpg


1枚目のRrタイプ。 ブルーにしてもターコイズの影響が見られ、 この個体では胸鰭に斑があります。
しかしブルーにしてこの尾鰭の柄、これもらってきちゃってよかったのでしょうか?


ターコイズモザタキ.jpg


モザタキタイプ。 ブルーと同じようにタキシードでも各鰭、背鰭前の背部や尾部にターコイズの影響が強く見られます。
ただし、ターコイズの実物を見ておられない方には判別が難しいだろうというのが私の感想です。


ターコイズ.jpg


zuzuさんありがとうございました。 


やはり顕微鏡の世界が必要か。


サンセット図鑑② [guppy]

前回は赤系(レッドテール系、フラメンコダンサー系)でしたが、やはりサンセットの特徴の一つである多色を生かせるのがモザイクとの組み合わせだと思います。 この組み合わせで特に♂では非常にわかりやすいので解説させていただきますが間違っていたらご指摘ください。

サンセットモザイク .jpg

モザイク.jpg


上の2個体はもちろん上がモザイク+サンセット表現で下が非サンセットのモザイク。
レッドテールのときと同じく各鰭が同調していますね。

このサンセット、zuzu氏によればこれまで見た中で2番目によくできたといえる個体だそうで数か月後の完成された姿を是非見てみたいですね。


モザイク♀.jpg


おそらく同胎のサンセット♀。 サンセットの♀の産仔数はノーマルに比べて少ないのはこの独特の体型から来るのだろうか。


SM背.jpg


背部に見られる光沢のある鱗もサンセットの特徴の一つで胸鰭の柄と一緒にまだまだ載ってくるかもしれません。

拡大比較


サンセット図鑑 [guppy]

もう熱心なグッピーマニアの方はご存じのことと思いますが、去る春分の日、zuzuさん宅にお邪魔してサンセットを中心としたグッピーを撮らせていただきました。 さらにhiwaさんもわざわざご自宅からたくさんのサンセットをお持ちくださり、とても勉強になりました。  
 

そして帰りには撮影しきれなかった個体達達達を・・・。

zuzuさんhiwaさんありがとうございました。


以下追記。

zuzuさん、hiwaさんから画像個体の解説をいただきましたので追記しました。


黒赤①.jpg

黒赤②.jpg

黒赤③.jpg


上の3枚はサンセット表現で、背鰭、尾鰭、腹鰭、尻鰭が躯体の発色と同調し、特徴のよく出たわかりやすい個体である。 


黒赤④.jpg


これもサンセット表現。この個体の場合躯体に赤い発色はないが腹鰭、尻鰭が躯体の発色と同調、さらに腹鰭や尻鰭にさす赤い発色は背鰭や尾鰭に同調する。


黒赤⑤.jpg


非サンセット表現。 サンセット表現のような体躯の発色と腹鰭、尻鰭の発色は同調していない。


黒赤⑥.jpg


フルレッドタイプのサンセット表現。


黒赤⑦.jpg

黒赤⑧.jpg


上の2枚は非サンセット表現。



黒赤⑨.jpg


この個体の判定は非常に難しいが背鰭と体躯の形状からサンセット表現である。


黒赤⑩.jpg


ゴールデンフルレッドのサンセット表現。サンセットの特徴のよく出ている個体である。


黒赤⑪.jpg


非サンセット。


黒赤⑫.jpg


サンセット表現。 雄と同様に各鰭の発色が同調する。


赤赤①.jpg


台湾系ハイドーサルフルレッドと交配した例でサンセット表現。 フルレッド+アルビノのため非常に見づらいが目の後ろから背鰭~尾鰭にかけて暗色の発色が上の2枚目や6枚目と同様に見ることができる。


なお、上から3 4 5 7 10枚目の個体はフラメンコダンサーとの交配を経ており、体躯の発色や伸長しない尾鰭はその影響もあると見られる。

おまけ


斑(Marble) [guppy]

以前から気になる表現型の一つに台湾系コブラから時折出現する斑がありました。  最近になってこの斑表現の支配領域(特徴)がよく見える個体が得られたので見ていただきたいと思います。

マーブル 1.jpg


群れで泳いでいれば見過ごしてしまいそうですが「斑」といわれれば「複数の斑」(Marble)が見えてくると思います。


マーブルM.jpg


同一個体の背側。 よく見るとこのMarbleは鰭にもみられます。


マーブルM1.jpg


胸鰭にもありますね。 ここまで見て改めて最初の画像を見ていただくと腹鰭、尻鰭とよく確認できませんが背鰭や尾鰭にも影響があるのではないかと思われます。 そしてコブラ模様から染み出るような斑が、つまり全体ですね。


Marble Pr.jpg


今回このタイプの♀も同胎から得られましたので並べて撮影したところ、面白いことに体側のMarble模様はある程度規則性が見られました。 雌に見られる斑の位置や形状が雄の斑とリンクしているように見えませんか?


モーリー×グッピーF1.jpg


参考まで。 これはグッピーとモーリーのF1ですが、おそらくここから来たものではないと考えています。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。