So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

真冬でも咲いてくれますよ。 [改良品種]

Sinningia.jpg


この天然ソフトーフォーカス(水槽のガラスのくもり)の紫の花は我が家の水槽内に長い間花を添えてくれているミニのSinningiaで高さは花茎が一番高く伸びますが10㎝くらいです。
この花はセントポーリアの著書で知られる川上敏子氏がまだ京王デパートの屋上にあるセントポーリア売り場に来られていたころにいただいたもので現在も大切に育てています。

このSinningiaはまだ10年ほどですが 下の画像の無地の物はもう30年になります。                                                                         

Sinningia ②.jpg


実はこちらもライフやマガジンでおなじみの久保田氏から譲り受けたもの、彼からは物持ちがいいといわれますが水槽内の環境がぴったりのようで特に手入れなしでも花を咲かせてくれています。


Sinningia ③.jpg


水位との関係はこのような感じで現在使用している水槽はSinningiaをれるために特注した深さ60㎝のものです。

アクアテラはよく見かけますがほとんどグリーンばかりのような気がします。

あなたの水槽にもお花を添えてみては?
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           





nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

花やん

アクアテラ水槽で花も楽しむのは夢のひとつですが、私にはその技量がありません。素晴らしいです。
by 花やん (2012-01-30 07:42) 

nemo

花やんさんありがとうございます。

花やんさんのように温室で観葉植物を育てることができる人でしたら技量はおつりが来ますよ。
by nemo (2012-01-30 23:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。